婦人

美容整形クリニックでシミ取り施術を受けよう

レーザーの種類

カウンセリング

最近では、レーザーの種類も、YAGレーザー、炭酸ガスレーザー、Qスイッチルビーレーザーなど様々なタイプがあります。当然のこと、レーザーの種類が多いということはそれだけ治療の幅も広いということになります。しかし、各レーザーにおいて、施術費用が異なるため、シミ取りを検討しているならそれぞれのメリット・デメリットや費用について知っておくべきでしょう。まず、一つ目としてYAGレーザー治療について紹介しています。YAGレーザーは二種類の波長を使い分けて、表皮・真皮の両方に存在しているシミを破壊できるレーザーになります。このYAGレーザーでは基本的に施術は一度で終わることが多く、レーザー治療でも主流になっています。YAGレーザー治療の価格は1センチ四方のシミで約30000円程度と少し高いですが、ダウンタイムも特にあるわけではないので女性から評判です。Qスイッチルビーレーザーでは皮膚の奥に集中的にレーザーを照射することで、薄いシミだけでなく濃いシミでも効果的にシミ取りすることができます。皮膚の奥までレーザーを施すので、ダウンタイムは一週間から二週間ほどかかりますが、濃いシミを無くしたいという方にはおすすめできる治療方法になります。Qスイッチルビーレーザーの価格は大きさとクリニックによって異なりますが、5ミリ以下で5000円程度だと言われています。炭酸ガスレーザーでは、炭酸ガスによって患部を除去していく治療方法になります。この炭酸ガスレーザーでは、局部麻酔をかけてから治療するので、痛みを心配する必要はありません。また、ほとんどのシミの場合には、一度の施術でキレイに除去することができるので、女性に話題になっています。価格は9ミリまでのシミで5000円程度と非常にリーズナブル価格で提供しているクリニックも存在しています。費用を安く済ませたいという方は、最適のシミ取り方法だと言えるでしょう。

シミ取りで使用されるレーザーには、いくつか種類があります。そのため、シミ取りを検討しているのなら、まずはレーザーの種類に目を向けておくことをおすすめします。現代において、主流とされているレーザー治療にはYAGレーザー治療と呼ばれるものがあります。このYAGレーザー治療は、二つの波長を使うことで肌の表皮・真皮にできているシミをまとめて除去することができる治療方法になります。消せるシミは老人性色素斑をはじめ、そばかす、太田母斑などになり、最近では、タトゥー除去にも使用されています。治療でかかる費用は一センチ四方のシミで30000円前後が相場とされています。レーザー治療の中では少し価格が高いものの、刺激も少なくかつ一回の施術で治療が完了するので、多くの女性がシミ取り治療に選んでいます。また、他にもQスイッチルビーレーザー治療なども濃いシミを除去することができるので、女性から人気があります。Qスイッチルビーレーザーで消せるシミは、比較的広範囲なシミやあざ、そばかす、脂漏性角化症などになり、また、先天性の青あざにも有効とされています。Qスイッチルビーレーザー治療でかかる費用は、各クリニックごとで違うので、治療を受ける際には事前に医師かクリニックに聞いておくといいでしょう。