婦人

美容整形クリニックでシミ取り施術を受けよう

シミ取りの方法

注射

シミ取りを行なう女性の中には、市販薬や化粧品でセルフケアする方も多くいます。しかし、シミの種類によってそれぞれ適切な治療方法が異なることをご存知でしょうか。身体にできるシミには、老人性色素斑、雀卵斑、脂漏性角化症をはじめ多くの種類があります。そして、各シミにはできる原因や治療方法、対策方法が違うのです。例えば、シミの中でも代表的な老人性色素斑は、加齢を伴う肌のターンオーバー機能が低下することや、紫外線を浴びることによってのメラニン色素の過剰分泌が原因になります。そのため、老人性色素斑をケアするには、普段からの肌のケアと紫外線対策をしておけばいいということになります。しかし、いくらセルフケアをしていても、シミはできる時はできてしまいます。そのため、シミの予防だけでなくシミ取りの方法について知っておくといいでしょう。シミ取りの方法は、シミの種類によって異なりますが、今ではレーザー治療が主流になっています。このレーザー治療は専門性が高く、効果的にシミ取りを行えるので女性に人気がある施術になります。施術自体も麻酔を使用して行われることが一般的で、施術中の痛みもそれほど心配する必要はありません。しかし、レーザー治療ではあまり大きすぎるシミやイボにおいては照射時間も長く、皮膚にダメージを与えてしまう結果になってしまいます。そのため、レーザー治療は3から5ミリ程度の大きさのシミ取りが理想的だと言われています。それ以上の大きさのシミ取りを行ないたいなら、レーザー治療ではなく切除手術を受けるといいでしょう。

シミ取り治療には、専門性の高いレーザー治療、メスを使用した切除手術、シミ取りクリームの使用など、様々な方法があります。そして、その中でもレーザー治療は現代において、最先端治療とされていて、どのシミにもほとんど対応できる万能な治療方法と言われています。そのため、多くの女性がシミ取り治療にレーザーを選んでいて、人気があります。レーザー治療の施術内容としては、まず医師とカウンセリングを行い、ご自身の肌の状態をチェックします。そして、その肌の状態に合ったレーザー、また照射パワーを医師が決めて施術を行ないます。レーザー治療と言われると痛いイメージを抱きがちですが、最近では麻酔が使用されることが一般的で安心して施術を受けることが可能です。施術後は、治療箇所を冷却処置などを施して、帰宅するのみになります。シミ取り治療では、ダウンタイムは特にありません。しかし、痛みがないわけではないので、施術後一週間ほどは安静に過ごすことがいいでしょう。また、シミを再発させないように、普段のセルフケアでビタミン剤の内服とシミ取りクリームの併用をおすすめします。セルフケアをしっかりとしておけば、再発防止するだけでなく、ご自身が理想とする美肌を手に入れることができることでしょう。